【主催】宮田大&福間洸太朗 デュオ・リサイタル | ルネッサながと

イベント情報

生誕150年記念 ラフマニノフを偲んで

【主催】宮田大&福間洸太朗 デュオ・リサイタル

開催日
2023年05月28日(日)
時間
14:00~16:00予定(開場13:15)
チケット発売日
一般

2023年2月28日(火)

友の会

2023年2月18日(土)
※両日とも発売初日は
 9:00よりWEB受付開始
 10:00より電話受付開始
※窓口発売は翌日9:00より

会場
入場料
(全席指定・税込) 1階・2階席5,000円、 桟敷・バルコニー席4,000円、 高校生以下〈2階席U・V列〉2,000円 

内容

ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人初優勝のチェリスト宮田大と、20歳でクリーヴランド国際コンクール日本人初優勝およびショパン賞受賞のピアニスト福間洸太朗が奏でる極上のひととき。
セルゲイ・ラフマニノフ生誕150年を記念し、オール・ラフマニノフプログラムでお届けします。
 
◎チラシのダウンロードはこちらから(PDF)
 
 
【プログラム】※演奏曲は変更となる場合がございます
・ヴォカリーズ Op.34-14
・「パガニーニの主題による狂詩曲」 Op.43から第18変奏
・リラの花 Op.21-5 <編曲:伊藤悠貴>
・春の流れ 「12の歌」 Op.14-11から<編曲:伊藤悠貴>
・ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.36 (1931年版)
         休憩
・チェロソナタ ト短調 Op.19
 
 
【プロフィール】

 
 
宮田 大〈チェロ〉

Dai Miyata,Cello
 
2009年ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールにおいて、日本人として初めて優勝。これまでに参加した全てのコンクールで優勝を果たしている。その圧倒的な演奏は、作曲家や共演者からの支持が厚く、世界的指揮者・小澤征爾にも絶賛され、日本を代表するチェリストとして国際的な活動を繰り広げている。

スイスのジュネーヴ音楽院卒業、 ドイツのクロンベルク・アカデミー修了。

録音活動も活発で、最新アルバムは202210月に『ラフマニノフ:チェロ・ソナタ』をリリース。2019年はトーマス・ダウスゴー指揮、BBCスコッティッシュ交響楽団との共演による「エルガー:チェロ協奏曲」をリリース。欧米盤が、欧州のクラシック界における権威のある賞の一つ「OPUS KLASSIK 2021」において、コンチェルト部門(チェロ)で受賞。

そのほか「Piazzolla」「Travelogue」などをリリース。

マスメディアでも「題名のない音楽会」「徹子の部屋」「クラシックTV」などへ出演している。

近年は国際コンクールでの審査員や、ロームミュージックセミナーの講師を務めるなど、若手の育成にも力を入れている。

使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与された1698年製A. ストラディヴァリウス“Cholmondeley”である。
 
 

  
福間 洸太朗〈ピアノ〉
Kotaro Fukuma,Piano
 

20歳でクリーヴランド国際コンクール日本人初の優勝およびショパン賞受賞。
パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学、コモ湖国際ピアノアカデミーにて学ぶ。これまでにカーネギーホール、リンカーン・センター、ウィグモア・ホール、サントリーホールなどでリサイタルを開催する他、クリーヴランド管、モスクワ・フィル、イスラエル・フィル、フィンランド放送響、NHK交響楽団など国内外の著名オーケストラと多数共演、50曲以上のピアノ協奏曲を演奏してきた。CDは「バッハ・ピアノ・トランスクリプションズ」(ナクソス)など、これまでに18枚をリリース。そのほか、珍しいピアノ作品を取り上げる演奏会シリーズ『レア・ピアノミュージック』のプロデュースや、OTTAVA、ぶらあぼweb stationでの番組パーソナリティを務め、自身のYouTubeチャンネルでも、演奏動画、解説動画、ライブ配信などで幅広い世代から注目されている。多彩なレパートリーと表現力、コンセプチュアルなプログラム、また5か国語を操り国内外で活躍中。テレビ朝日系「徹子の部屋」や「題名のない音楽会」、NHK-TV「クラシック音楽館」などメディア出演も多数。第39回日本ショパン協会賞受賞。

公式サイト https://kotarofukuma.com/ 

公式ファンクラブ https://shimmeringwater.net/
 
 


セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフ ~革命と戦争に翻弄された人生~
 
1873年4月1日ロシア生まれ、父母共に裕福な貴族の家系。4歳の時ピアノ教師につくが、9歳で一家が破産。12歳でモスクワ音楽院に入る。チャイコフスキーにも才能を認められた。1891年、18歳でモスクワ音楽院ピアノ科を首席で卒業。1900年から翌年にかけて、ピアノ協奏曲第2番の大作を完成させ、自ら演奏し大成功を収めた。この作品によってグリンカ賞を受賞し、作曲家としての名声を確立した。
しかし、その後ラフマニノフの人生は革命と戦争で大きく変わる。
1917年12月、ロシアで十月革命が成就し、ボリシェヴィキが政権を掌握した為、家族と共に出国。「僕に唯一門戸を閉ざしているのが、他ならぬ我が祖国ロシアである」と言い残し、そのまま彼は二度とロシアの地を踏むことはなかった。1931年、スイスの湖畔に別荘を建てたが、ナチスが勢力を拡大するとスイスでの滞在も難しくなり、1942年にはカリフォルニア州のビバリーヒルズに移り住んだ。その翌年1943年3月28日、70歳の誕生日を目前にして自宅で死去。ラフマニノフ自身はモスクワの墓地に埋葬されることを望んでいたが、ニューヨーク州ヴァルハラのケンシコ墓地に埋葬された。


   
ご来場の前に必ず下記の内容をご確認ください。

(画像をクリックして閲覧してください。)

《ご鑑賞の皆様へ感染症対策へのご協力のお願い ★令和5年1月現在★》

  
 当公演は、全席販売(収容率100%)の予定です。
なお、新型コロナウイルス感染症対策として1列目の販売はございません。

詳細は下記座席表をクリックしてご確認ください。

友の会会員

1階・2階席4,700円、桟敷・バルコニー席3,700円、高校生以下〈2階席U・V列〉1,700円 
(割引適用4枚、一般発売まで4枚まで購入可)

ルネッサながと会員入会のご案内

主催等

主催
公益財団法人長門市文化振興財団
後援
山口県、山口県教育委員会、山口県文化連盟、長門市、長門市教育委員会、長門文化協会、長門時事新聞社、yab山口朝日放送、ほっちゃテレビ、FMアクア

プレイガイド

・ルネッサながと ※インターネット購入はこちら
※高校生以下(2階席U・V列)はルネッサながとのみのでの取扱
 
・ローソンチケット[Lコード:63686]

WEB受付:https://l-tike.com/

店頭販売:ローソン「Loppi」、ミニストップ「Loppi」
 

・チケットぴあ[Pコード:234-781]※WEB販売のみ

WEB:https://t.pia.jp/

 
・NTAトラベル

各プレイガイドでの購入方法はこちら

注意事項

・未就学児の入場はご遠慮ください。

お問い合わせ

電話0837-26-6001
(お問い合わせ受付時間9:00~22:00 チケット受付時間9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ(※ご返信に2~3日程度かかります。お急ぎの方はお電話ください。)

近日開催のイベント