Ω֥ͥåʤȡ

平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

ながと近松文化講座 狂言教室

ひと味違う狂言の魅力が見えてくる…

公演日

平成28年3月12日(土)
開演11:00 開場10:30

会場

劇場

参加料

一般 500円
高校生以下 無料
(先着:500名 対象:小学生以上)

※本公演のチケット購入者は無料(当日本公演チケットをご提示ください)
※ワークショップでの舞台体験者は無料

発売日

平成27年12月5日(土)10:00より


主催

主催/公益財団法人長門市文化振興財団
後援/後援/山口県、山口県教育委員会、山口県文化連盟、長門市、長門市教育委員会、長門文化協会、長門時事新聞社、FMアクア



プレイガイド

ルネッサながと


注意事項

  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 託児サービスあります。(お子様一人500円)
    公演日の10日前までにご予約ください。


内容



平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業


狂言についての基礎的なお話や特徴的な演技の型を教えていただくワークショップ、万作の会の狂言師による狂言の鑑賞と、充実した内容でお届けする「狂言教室」。
初めての方にも親しみやすく、楽しみながら古典芸能《狂言》の世界に触れていただけます。

第1部  ワークショップ
    講師:深田博治 月崎晴夫
第2部  狂言「柿山伏(かきやまぶし)」
    出演:岡 聡史 飯田 豪
       後見 月崎晴夫

〈あらすじ〉
「柿山伏(かきやまぶし)」
 修行を終え帰国途中の山伏。のどが渇いたので、道端に見つけた柿の木の実を取ろうとするが、手は届かず、石を投げても当たらない。とうとう柿の木に登って食べ始めると、ちょうど見回りに来た畑主に見つけられてしまう。腹を立てた畑主は、木陰に隠れた山伏を、からかってやろうと思い立つ。あれは犬だ、猿だといわれる度に必死の物真似でごまかそうとする山伏だが、ついには空を飛ぶ鳶だといわれ…。
 葛桶(かずらおけ)を柿の木に見立て、おいしそうに柿を食べる様子など、見る人の想像力をかきたてる狂言の代表作です。

ワークショップ舞台体験者募集!
もっと身近に狂言を体験したい方は、ぜひこちらにご応募を!
ご応募いただいた方にはワークショップの中で、プロの狂言師による指導のもと、実際に舞台上で狂言のセリフや動き体験される方を募集します。
おなかの底から声を出し、体いっぱいに使って表現する「狂言」を体験してみましょう。

募集定員■先着20名
対象  ■小学5年生以上
体験料 ■無料
服装  ■白足袋・動きやすい長ズボンを着用
     ※各自でご用意下さい
申込方法■ルネッサながとの窓口かお電話にてお申込下さい
     TEL:0837-26-6001
申込期間■12月5日(土)〜2月20日(土)
メインメニュー 公演イベント情報 施設紹介 チケットの購入方法 劇場座席表(別ウィンドウで開きます) 施設ご利用案内 長門市スポーツ合宿奨励金のご案内 ルネッサながと友の会 交通アクセス チケット団体予約 弁当申込み受付 これまでの公演イベント 資料請求 リンク お問い合わせ 財団のご案内
インフォメーション サイト内検索 PR
山陰観光列車「みすゞ潮彩」に乗ってルネッサながとに行こう!
山口県公式ウェブサイトへ
やまぐちの県立文化施設
やまぐち施設予約サービス
【休館日のお知らせ】
2016年3月7日(月)、4月18日(月)、6月6日(月)、6月7日(火)、7月4日(月)、8月15日(月)、10月17日(月)、12月5日(月)、 12月29日(木)~2017年1月2日(月)、1月3日(火)は成人式の為午前劇場のみ臨時開館、1月16日(月)、3月13日(月)
ルネッサながと
山口県民芸術文化ホールながと
ながと総合体育館

〒759-4106
山口県長門市仙崎818番地1
TEL 0837-26-6001
Twitter Google+